security measures情報セキュリティ対策支援

QUESTION 社内の情報セキュリティ対策
こんなことでお悩みでは
ありませんか?

  • 情報資産の漏洩リスク対策

    自社内に点在する情報資産等の経営資源を棚卸し、情報漏洩や喪失リスク対策を図りたい。

  • 情報セキュリティポリシーの適性化

    現状に即していない・形骸化している情報セキュリティポリシーを整理したい。

  • ISMS 認証・Pマーク認証の取得

    ステークホルダーから要求が強い法令準拠、情報セキュリティ事故による企業経営への影響を管理したい。

  • 情報セキュリティガバナンスの強化

    機密情報や重要情報、個人情報を取り扱っており、組織的に対策を検討したい。

  • 重層的に課題を抱えており、どのように優先順位を付けて始めればよいか分からない。

そのお悩み、
JRシステムの「情報セキュリティ対策支援」で解決できます

Security Consulting 情報セキュリティ対策支援

豊富な経験・技術・ノウハウを
生かしたワンランク上の
セキュリティコンサルティング

JR各社のみどりの窓口のシステムだけではなく、
高速バスや宿泊施設のシステムなど
多くのオンラインシステムを長年にわたり、
環境の変化に対応しながら、安定稼働を支えてきました。
社会の重要なインフラを守り続ける私たちが培った豊富な知見と
経験と独自のメソッドを活用し、
お客さまに最適な情報セキュリティ対策をご提案します。

OVERVIEW & FLOW 情報セキュリティ対策支援の
サービス概要

お客さまの情報セキュリティに関する現状を専門のコンサルタントが調査。
保有する重要な資産や情報セキュリティ対策の状況を把握し、優先的に実施すべき対策の方針策定を支援するサービスです。

  1. 現状把握

    インタビュー等による調査を行い、保有する重要な資産や情報セキュリティ対策の現状を把握します。

  2. 課題洗い出し

    把握した内容、想定される脅威等から課題を洗い出し、組織や人、技術、物理、運用の観点で分類・整理します。

    5 の領域で
    情報セキュリティ

    • ファイアウォール、サーバー

      ファイアウォール、サーバーなど

      技術的課題
    • 入退出管理、施錠

      入退出管理、施錠など

      物理的課題
    • 組織ルール、体制

      組織ルール、体制など

      技術的課題
    • セキュリティと利便性のバランス

      セキュリティと利便性のバランス

      運用的課題
    • 従業員教育、管理体制

      従業員教育、管理体制など

      的課題
  3. リスク数値化

    課題をISMS等のフレームワークや独自のスコアリングシステムをもとに分析し、リスクを数値化します。

  4. 対策方針策定

    課題の解決やリスクを軽減するための対策方針を策定。策定にあたってはISO27001等の要求事項を網羅します。

    情報セキュリティ対策は
    何をどこまでやるべきか。
    そのベストバランスの策定
    JRシステムがお手伝いします。

    情報セキュリティの安全性を高めることで、日常の利便性は損なわれます。
    過剰な投資を抑え、可用性の高いセキュリティ運用体制を実施するためにも、最適なバランスを検討することが、もっとも重要です。

    利便性、安全性、コストのベストバランス
  5. ロードマップ策定

    課題をISMS対策方針に基づいた具体策をベースに、お客様ごとの目的、予算、固有事情などを考慮し最適化されたロードマップ案を策定します。

  6. セキュリティ対策の実施開始

情報セキュリティ対策支援サービスの
資料ダウンロード

その他のお困りごとも
JRシステムに