mail training標的型メール訓練サービス

QUESTION 社内の情報セキュリティ対策
こんなことでお悩みでは
ありませんか?

  • 社内の情報セキュリティ対策担当になったけど、何から手を付けていいのか分からない

  • 頻繁に迷惑メールが届いており、インシデントが起きる前に対策を打ちたい

  • 従業員に標的型メールを見極める力を養わせたい

  • 重要情報や機密情報を扱っているため、従業員のセキュリティリテラシーを高めたい

  • 社外の訓練を受けてみたい

そのお悩み、
JRシステムの「標的型メール訓練サービス」で解決できます

SERVICE JRシステムの
「標的型メール訓練サービス」

「標的型メール訓練サービス」は、実際の手口をもとにした疑似攻撃メールを
対象の従業員に送信することでサイバー攻撃の脅威を体験させるとともに、
攻撃型メールへの注意力、対応力を身に付けていただくサービスです。

JRシステムの標的型メール訓練サービス概要 JRシステムの標的型メール訓練サービス概要

標的型メール訓練で期待される成果

  • 01セキュリティ意識の向上

    日常的に使用するメールを通じたサイバー攻撃の脅威が体験させることで情報セキュリティ意識を高める。

  • 02不審なメールを
    見極める注意力を
    養う

    不審なメールを見極めて開封させない注意力を養うことで、根本的な感染リスクを低減させる。

  • 03感染時の
    初期対応力を磨く

    感染してしまった場合の対応力を養うことで、感染被害を低減させる。

  • 04レポートによる
    状況の把握

    経営層または情報セキュリティ対策部門が、標的型メール攻撃を受けた際の社員の動向を把握し、対策の検討に活用する。

JRシステムの標的型メール訓練サービスの特徴

  • JRの大規模システムを守ってきた
    セキュリティの専門家
    が提案する
    標的型メール訓練

    JRの大規模システムを支えてきたセキュリティの専門家が、実際におこなわれた手口をもとに、訓練に最適な疑似攻撃メールを送信。従業員のセキュリティ意識向上を図り、標的型メールにより被害を受けるリスクを低減します。

  • 目的に合わせてメール訓練内容を
    最適にカスタマイズ

    はじめてのメール訓練から、よりセキュリティ強度を高める高度なメール訓練、感染してしまった場合の対応力の向上など、お客様の目的やレベルに合わせた最適なメール訓練をご提案します。

  • 従業員の傾向を把握して、
    効果的な訓練計画を策定

    疑似攻撃メールの添付ファイル開封やリンクアクセスなどのリスクを伴う行動をした人数や動向が把握できる、レポートでご報告します。
    さらに訓練後アンケートを実施することで、訓練メール受信時に訓練対象者が取った行動や考え方について詳細に分析、傾向を把握することが可能となり、従業員の状況が可視化されます。

    • オプション訓練後アンケート

      訓練実施後に、訓練対象者へ標的型攻撃に関する知識や考え方等のWebアンケートを実施します。
      アンケート結果を専門家が詳細に分析し報告書にまとめて提出します。

    • オプション報告会

      セキュリティの専門家が報告書をもとに報告会を実施します。

FLOW サービス提供の流れ

事前調整 訓練実施 報告

訓練内容確認/お見積り

訓練メール送付対象者数や訓練・報告内容等の情報からお見積り

疎通確認

事前にお客さまの環境にメールを送付するテストを実施

報告書作成/提出

訓練終了後報告書を提出

ご契約/機密保持契約

訓練メール送付

報告会実施オプション

詳細条件等確認

訓練メール送付時の条件や連絡先等を確認

アンケート実施オプション

標的型メール訓練サービスの
資料ダウンロード

その他のお困りごとも
JRシステムに